キャットフードと増粘多糖類

この増粘多糖類と言う文字はラベルによく記載されています。そして増粘多糖類が何か知っていますか?

増粘多糖類とは食品に粘りを出すために使う添加物になります。とろみのある缶詰や液状のおやつなどに増粘多糖を使っています。そしてこれを使うことによって食感も調節しています。

多糖類とは糖などがいくつも集まったものになります。良く知られているのがデンプンやセルロースです。他にも私たちが食べるものや化粧にも使われているものが下記です。

・ペクチン

・デキストリン

・カラギーナン、アルギン酸

上記の添加物は天然成分になります。この添加物を一生食べ続けても体への影響はないと研究結果も出ていますが安全と言い切れない添加物もあるようです。動物実験で分かったことはファーセントやトラガントガムやカラギーナンは染色体異常や発がん性が発症すると言われています。アラビアガムを人間の体へ入れると喘息やアレルギー症状を引き起こす可能性もあると言われています。以上の点から安全ではあるが安全でない添加物もあるということが分かりました。

増粘多糖類は2種類以上使用するとまとめて記載するメーカーが多く、記載を避けたい添加物も記載をしないことになります。結果的に増粘多糖類は安全でありながら危険な添加物と認識されることになります。

カナガンキャットフードの気になるカロリーはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする