髪が跳ねるのを予防するために

img5

私の髪は、昔から細くて痛みやすく、ドライヤーの熱を当てるとパサパサになって跳ねてしまっていました。
髪が跳ねていると、なんだか清潔感がないし、歳をとったように見えるため、美容院の方に相談しました。
すると、髪をすきすぎるのも、髪が傷む原因になるとのこと。私はくせ毛でもあったので、跳ねを予防するために美容師さんが勧めてくれたのが、ボブヘアーにすることでした。

ボブの場合、上の表面の髪は長く残し、中側の髪の毛だけすきバサミですいて、ボリュームを落とすというやり方をします。
髪の表面は長く残すことで、ヘルメットをかぶったようになり、くせ毛を重力で抑えるような感じで、跳ねを予防してくれます。
また、すくのも髪の内側をすくので、ドライヤーの熱が直接すいた髪に当たりにくいので、髪が傷みにくくなります。
前は縮毛矯正をかけてボブヘアーにしていましたが、年もとってきて、サラサラのボブヘアーは少し年に合わなくなってきたので、今では、縮毛矯正はしていません。

けれど、表面は長く残して、中だけすく、というやり方は変えず、自然な天然パーマを生かしつつ、傷みづらい髪型に落ち着きました。
やり方を教えてもらったので、子供も同じようなボブヘアーにして、自宅ですきバサミを使ってカットしています。

健康美容情報も参考にしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする